カタヨシという肩力試しの企画を倉吉銀座商店街の春祭りでブース出展しました。

こんにちは、キャンペーです。市民まきこみ型まちおこし企画「クラヨシキャンプ」の企画・運営をしています。2018年4月8日に開催した「肩力試し スーパーカタヨシ」に引き続き、4月15日に倉吉銀座商店街振興組合主催の「第2回倉吉銀座春まつり」内で「肩力試し カタヨシ」のブース出展をさせてもらいました。準備や当日の様子を次回に向けてまとめておこうと思います。

180415チラシ

180415チラシ

カタヨシ準備

カタチカラマチオコシ

「春まつりで肩力試しのブースを出展させてくれませんか?」と倉吉銀座商店街振興組合に相談を持ち掛けたのは2018年1月のことでした。当時、私は2018年度の地域おこし活動として、市民まきこみ型まちおこし企画「クラヨシキャンプ」を計画していました。そして「市民まきこみ」の部分をどうしようかと考えていました。

なにか新しいことを始めるときは、形から入るのが大事やでな・・・

形から・・・

カタチカラ・・・

肩チカラ・・・

肩力!

せや、肩や!

肩力や!

という経緯で、カタチカラマチオコシ企画 「肩力試し カタヨシ」を思いつきました。

肩力試し カタヨシ

カタヨシ看板制作

カタヨシ看板制作

具体的には、ボール投げの球速をスピードガンで計測することで、クラヨシキャンプに市民のみなさんをまきこんでまちおこしにつなげられたらええなぁていうことです。

こんな感じで思いついたこの取り組み。

当時、2018年4月8日に開催を予定していた「肩力試し スーパーカタヨシ」翌週である4月15日に開催の第2回倉吉銀座春まつりでもブース出展をさせてもらえれば、まつりをもりあげたり、活動をPRできるなあと思い、まつりの実行委員会で相談したらOKをいただけました。

倉吉銀座商店街

2016年10月の鳥取中部地震の後から、まちと商店街の復興を目指して、2017年度に4回「倉吉銀座復興プロジェクト」を開催。その第1弾として昨年「第1回倉吉銀座春祭り」がはじまった。このような取り組みなどを評価され2018年3月に「はばたく商店街30選」に選ばれた。

はばたく商店街30選

はばたく商店街30選

今年度の第2回倉吉銀座春まつりは、2018年1月から実行委員会がひらかれ内容が検討されました。

前日準備の様子

ステージやテントの準備

ステージの準備

テント準備

テント準備

駐車場の準備

駐車場の準備

倉吉銀座春まつり当日

倉吉銀座春まつりの様子

会場の様子 のど自慢大会-2 のど自慢

のど自慢表彰

鉄道会場鉄道会場鉄道会場

鉄道記念公園

「肩力試し カタヨシ」ブース

運営の流れは①受付(アンケート記入)→②球速測定(練習1球、測定2球)→③記念撮影の流れで行いました。

カタヨシブースの様子

球速測定後の記念撮影

 

★現在のカタヨシランキングはこちらから

次回に向けて

今回、狭いポップアップテントの中での測定になったため、スピードガンがたびたびただしく計測できないことがありました。ブースの大きさやレイアウトについて実験してみようとおもいます。興味を持っていただいて当日ご参加していただいた皆さま、銀座商店街の皆さま、ありがとうございました。