「スカル」というクラヨシベン

クラヨシで耳にする独特の言葉、それがクラヨシベン。

今回は、「スカル」について覚え方もあわせてご紹介いたします。

それでは、クラヨシベンの「スカル」をご覧ください。

【これでばっちりクラヨシベン】「③スカル」

最後に

いかがでしたでしょう?

クラヨシで耳にする独特の言葉、それがクラヨシベン。

スカルは、もたれる、よりかかるって意味でした。

例えば、立ってるひとを見かけたら「タットンナランデスカットンナイ(意味:立ってらんと、もたれとき)」というような使い方をします。